2015年12月30日水曜日

「越境EC銘柄」の動向いかに?:岡三証券が「越境 EC で中国に斬り込む ~世界最大の EC 市場で成長が期待される企業~」を発表

岡三証券投資戦略部日本株式戦略グループが、同社の顧客向けに越境ECに関するレポートを発行しました。

越境ECで中国に斬り込む~世界最大のEC市場で成長が期待される企業~

同レポートでは、
  • ファーストリテイリング(2009年にTmall出店)
  • アスクル(2015年11月にTmall出店)
  • ビックカメラ(2015年12月に国美電器サイトに出店)
  • マツモトキヨシ(2015年9月にTmall出店)
  • アイスタイル(2015年3月にTmall出店)
が注目銘柄として紹介されています。
特に、他社に先駆けてTmallに出店したファーストリテイリングについては、2015年11月11日のシングルズデーセールにおいて、2年連続でアパレル部門1位になったことに触れられています。

上記の通り、訪日外国人観光客に人気のある家電や化粧品の越境EC対応が進んでいく中で、いち早く取り組んだ企業は「越境EC銘柄」として注目されています。越境ECは単にECだけの問題ではなく、時価総額に影響を与える経営課題になりつつあるのです。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...