2016年8月18日木曜日

ドン・キホーテ 2016年10月「majica Premium Global」開始!インバウンド需要を越境ECでフォロー

株式会社ドン・キホーテ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:大原孝治)は、2016年10月上旬から訪日外国人観光客(インバウンド)向けECサービス「majica Premium Global」(マジカプレミアムグローバル、仮称)を提供します。

ドン・キホーテに来店した訪日外国人は、このサービスを利用するために会員登録を行い、買い物をします。その上で、帰国後、専用サイトやアプリを使った越境ECで、来日時に購入した商品をリピート注文すると、海外に配送してもらえます。

主に加工食品・化粧品・日用雑貨が対象で、対応言語は中国語(簡体字、繁体字)・韓国語・タイ語・英語・日本語となります。

詳細は、ドン・キホーテのニュースリリース(PDF)をご参照ください。
ドン・キホーテ -  2016年10月『majica Premium』始動 第1弾サービス 「majica Premium Global」開始!~訪日外国人観光客の「旅アト“おかわり”需要」に対応~
http://www.donki.com/updata/news/160818_IFItd.pdf

本取組はまさにインバウンド需要を越境ECに転換するサービスの典型例です。消耗品の場合は、必ず補充が必要になるためリピート注文してもらうニーズは存在することでしょう。
一方、中国に関しては、既に多くの日本企業がTmallやTmall国際に進出しており、日本製の加工食品や化粧品は既に相応量が販売されており、競合となることでしょう。現地のニーズを満たすのは、独自サイトによる越境ECか、現地モールを活用した越境ECか?サービス開始後の反応が楽しみなところです。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...