2016年8月2日火曜日

日通、アリババグループ(T-mall国際)と業務提携

日本通運は、中国ECモール最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)と業務提携し、同グループの越境ECサイト「T-MALL国際(天猫国際)」出店者への物流サービス提供を本格的に開始することを発表しました。
日本通運は既に現地の物流プラットフォーム企業「菜鳥網絡」と提携しており、昨年の11月11日(独身の日)に1万6000件の梱包、出荷、輸出業務を行った実績があります。
今回の提携では、菜鳥網絡、日通、出店者を電子的に接続し、T-mall国際での出荷業務を効率化します。

  詳細は、日本通運のホームページをご覧ください。

日本通運:ニュースリリース
http://www.nittsu.co.jp/press/2016/20160802-1.html

尚、日本経済新聞の報道によりますと、現在国際配送の主流となっているEMSよりも3割ほど安い価格設定を見込んでいるとのことで、T-mall国際出店者にとっては配送コスト削減の機会になり得ます。

日本経済新聞 - 日通、アリババと国際ネット通販で提携
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28H7G_R00C16A8MM8000/

株式会社グローバルブレインスクエアが独自に日本通運に問い合わせたところ、
「出店事業運営者様と協議、そのニーズに基づいたカスタマイズを行い、中国へ展開するサービス」
とのことでしたので、まずはお問い合わせいただくのが良いかと思います。 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...