2016年8月17日水曜日

「越境EC」がインバウンド消費を超える市場に(PRESIDENT 2016年6月13日号)

プレジデントオンラインに、雑誌「プレジデント」2016年6月13日号の記事、「『越境EC』がインバウンド消費を超える市場に」が掲載されました。

記事の中では、ジャパンEコマースコンサルタント協会・代表理事の川連一豊氏のコメントが紹介されています。

・中国人は買い物で「高品質・本物・安心・安全」を重視する
・中でも「体内に入るもの、子供 に与えるものに対しては特に日本製にこだわる。
・売れているのは化粧品、水筒、紙おむつ、粉ミルク
・ 日本企業が越境ECで成功するポイントは、利用客に対して、(1)詳しい商品情報とその背景、(2)速さ・安さの利便性、(3)サポート・フォ ローという安心感、という「おもてなしの心」をアピールすること(プレジデントオンライン「『越境EC』がインバウンド消費を超える市場に」より)
詳細はプレジデントオンラインをご参照ください。
プレジデントオンライン -  「『越境EC』がインバウンド消費を超える市場に
http://president.jp/articles/-/19951

(株)グローバルブレインスクエアの越境ECコンサルティングの経験から申しますと、上記で売れているとされている「化粧品、水筒、紙おむつ、粉ミルク」は価格競争が激しい上に、中国現地の出品者も多数存在する商材なので、これから越境ECに参入して利益を確保するのは難しい商材と考えています。越境ECの検討をされる際には、事前に十分な価格調査の上で、最適なパートナーと組んで参入されることをお勧めします。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...