2016年9月2日金曜日

2015年 中国の越境EC取引規模は約74兆2474億8千万円(阿里研究院調査)

アリババのグループ会社、阿里研究院が「2016年中国越境EC発展報告」を発表し、2015年の越境ECの取引規模は4兆8千億元(約74兆2474億8千万円)に達したことがわかりました。2020年には中国の越境ECの市場規模は12兆元(約185兆6187億円)に達すると予想されています。

また、報告書の中ではEUを除くG20諸国と中国との越境EC取引の緊密度ランキングがあり、アメリカが1位、日本は6位でした。中国人は日本製品を買うものの、やはり欧米諸国の製品の人気が高いことがわかります。

中国との越境EC取引の緊密度ランキング(EUを除くG20諸国)


順位国名
1アメリカ
2イギリス
3オーストラリア
4フランス
5イタリア
6日本
7カナダ
8ドイツ
9韓国
10ロシア
11インド
12トルコ
13ブラジル
14南アフリカ
15メキシコ
16インドネシア
17アルゼンチン
18サウジアラビア


さらに、15年に中国の消費者が最も多く購入した商品を種類別にみると、マタニティ・ベビー用品、スキンケア製品・化粧品、栄養・健康食品がトップ3でした。これは中国人が日本で「爆買い」している商品と一致しており、中国人が健康や美容に高いこと、特に赤ちゃんに対しては高くても信頼できる外国製を買い求める傾向がよくわかりました。

詳細は人民網日本語版をご覧ください。
G20の中国との越境EC取引 緊密度トップは米国
http://j.people.com.cn/n3/2016/0902/c94476-9109322.html


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...