2018年2月4日日曜日

中国ではロッテと混同される楽天

日本では圧倒的な知名度を誇る楽天市場。
 実は「楽天」を簡体字で書くと「乐天」となり、その発音は韓国のロッテグループと同一になるのだ。 以下に 中国の検索エンジン百度で「乐天」というキーワードで検索した結果を紹介する。

中国の検索エンジン「百度」において、楽天の中国語表記で検索した結果
1位はロッテの免税店が表示される。
2位に日本の楽天市場が表示される。
3位、4位は再びロッテグループ。
5位にようやく、楽天にとって最も表示させたい楽天グローバルマーケットが引っかかるのである。

これを見た中国人が実際に
「『乐天』はロッテのECサイトだろう?」
と問い合わせてきたので、
「そうではない。日本ではとても有名なECサイトだ」
と誤解を解いておいた。

中国でビジネスをする上では、日本の漢字をそのまま中国語表記すれば良いというわけではない事例として覚えておいていただきたい
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...