2018年3月21日水曜日

まだまだ絶えない 中国の偽造薬品・サプリ被害

西安市(Xi'an)公安局食品薬品犯罪調査チームは、アリババグループのECモール淘宝(タオバオ、TaoBao)で偽のサプリメントを販売したとして、張楊、方林の両容疑者を検挙した。コストがわずか数元のサプリメントを数百元で売っていた疑い。

経緯

ある消費者の話によると、中国のメッセージングアプリ ウィーチャット(WeChat)で連絡を取った販売員は「北京の薬品会社の社員」と名乗り、5万元(約83万円)を支払い、サプリを購入した。しかし、届いたサプリを家族が服用したところ、嘔吐や腹痛、胃腸のけいれんなどの症状が現れたことから、製造業者に苦情を伝えたという。製造業者はすぐに調査を行い、通報のあった品物が偽物だと判断した。
生産は江西省(Jiangxi)で方林容疑者が行い、販売は吉林省(Jilin)長春市(Changchun)を拠点に張楊容疑者が担当していた。

詳細は下記の記事参照
偽のサプリで荒稼ぎ 家も車も手に入れた 中国

求められる信頼性

中国向けに越境ECを行う場合、何よりも信頼性が重視される。現地パートナーと組む場合も信頼性の高いパートナーを厳選し、実績のある事業者を選ぶことが重要である。自社でゼロから店舗を立ち上げる場合、信頼を得るために相応の時間とコストがかかるので、そのための計画づくりが重要である。既に信頼(=ユーザーからの評価)を獲得しているプラットフォームを利用し、消費者の反応を見た上で、自社独自の出店を行うことが成功確率の高いアプローチと言えるだろう。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...